LOVE SONG……TVアニメ『北斗の拳2』エンディング:TOM★CAT



1987年3月から1988年2月まで放送された『北斗の拳2』と、エンディング曲の『LOVE SONG』のご紹介。
先日ご紹介した『北斗の拳』の続編になり、原作の天帝編、修羅の国編がアニメ化されました。

ラオウとの死闘から数年。
天帝を頂点に新たな秩序が生まれ始めていましたが、それは力による圧制でした。
成長したリンやバットはそれを誤った世界だと考え、「北斗の軍」を率いて天帝の軍と戦っていましたが、彼らの力は到底及ばず、追い詰められていきます。
そんな彼らの前に、再び立ち上がったケンシロウが現れます。
天帝の威光を笠に傍若無人に振る舞いながら北斗を恐れる総督ジャコウ。
かつてラオウを前に村を守るため足を一本引き換えにした元斗皇拳最強の男ファルコ。
ジャコウに天帝を人質に取られ、心ならずもその手を血に染め続けるファルコと、ケンシロウが激突します。
そして、天帝の正体とは――。
ジャコウとの戦いが終わったと思ったのも束の間、海を越えた修羅の国での戦いに巻き込まれます。
そこでは、北斗神拳の始まり、北斗の兄弟のルーツが隠されていました。

『北斗の拳2』では修羅の国を統べるラオウの兄カイオウとの死闘までが描かれています。
原作者はもともとラオウとの戦いで話を終わらせるつもりが、あまりの人気にストーリーを続けることになり、いろいろとこれまでのストーリーと矛盾が出てしまいましたが、このアニメにそれを言うのは野暮というものでしょう。



『北斗の拳2』のエンディング曲が、TOM★CATの『LOVE SONG』でした。
オープニングもTOM★CATの『TOUGH BOY』で、シングルCDには両曲収録されました。
全然違う雰囲気の曲なので、改めて聞くと、同じ人だなぁ、と思うのですが、当時は気づいていなかったです。
オープニングの『TOUGH BOY』でテンションを上げて、『LOVE SONG』はしっとりとしたバラードで締めくくる……熱いアニメだけにうまいですね。
エンディングのアニメーションが、ヒロインのリンのケンシロウへの思慕を描いていたこともあり、アニメでもリンの恋の帰結まで形にしてほしかったなぁ、と思ってしまいます。


LOVE SONG - TOM★CAT(iTunes)


LOVE SONG(Amazon MP3)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
904位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
136位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR