硝子の瞳……TVアニメ『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』オープニング:美優(花澤香菜)





2016年3月に放送された『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』と、オープニング曲の『硝子の瞳』のご紹介。
もともとは2000年の第12回CGアニメコンテストでグランプリを獲得した、新海誠監督がまだ日本ファルコムの社員だった頃に製作した自主製作映画です。

自主製作映画は5分間のモノクロムービーでしたが、自主製作の域を超えた完成度が高く評価されました。
生きていく上で、誰もが抱えているであろうささやかな寂しさや辛さ、優しさ温かさ――言葉にならない日常のささやかな幸せが丁寧な画像と音楽で描いた作品でした。
新海誠監督が描きたかったものは、この時期から確固としてあったのだなぁ、と感じる作品です。

今回ご紹介している『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』はスタッフを一新し、オリジナルストーリーで描かれた作品でした。
自主製作されたアニメの前の話という位置づけで、最終話が終わった後、自主製作版に繋がる演出がなされています。
『ULTRA SUPER ANIME TIME』というTOKYO MXおよびBS11のアニメ枠で8分の短編×4話で放送されました。

一匹の猫が“彼女”と出会い”彼女の猫”となり、別れるまでを描いています。
一緒に冒険したわけでもない、事件に巻き込まれるでもない、ただ寄り添って生きてきた、一人と一匹のふんわりとした物語です。



『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』のオープニングで使用されたのは”彼女”役を演じた花澤香菜が美優の名前で歌った『硝子の瞳』でした。
優しい曲、という印象を受けた曲でした。
同時に切ない曲、とも感じました。
思い出をありがとう、と言える相手との別れは本当に辛いですが、そう言える相手と巡り合えることは幸せなことなのでしょうね。


硝子の瞳 - 美優(CV.花澤香菜)(iTunes)


TVアニメ『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』オリジナルサウンドトラック(CD)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
313位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR