FC2ブログ

キミに会いたくて……劇場アニメ『ドラえもん ぼくの生まれた日』主題歌:小坂明子





2002年3月に劇場公開された『ドラえもん ぼくの生まれた日』と、主題歌の『キミに会いたくて』のご紹介です。
原作は藤子・F・不二雄の『ドラえもん』第2巻に収録されている『ぼくの生まれた日』です。

長編映画『ドラえもん のび太とロボット王国』と同時上映された25分の短編映画でした。

誕生日を迎え、浮かれるのび太は、いつものようにママから口うるさく注意されます。
反攻して勉強しなかったために両親から厳しく叱責され、ショックを受けて家出してしまいます。
泊めてもらおうと友人たちの所に向かったのび太は、友人たちは両親に大事にされているのに自分はそうではないとさらにショックを受けます。
迎えに来たドラえもんに、「今日は自分みたいなダメな子供が生まれて皆ががっかりした日なんだ」と嘆きます。
ドラえもんは「それなら確かめに行こう」と11年前の、のび太が生まれた病院に向かいます。
そこで、若い日の両親が、生まれたばかりの自分を前に心から喜んでいる姿や、自分の名前の由来が今はない大木だということを知ります。
それを知ったのび太は、自分のしてしまったことに対する反省と感謝の気持ちをもって現在に戻り、探しに来た両親に謝罪し、両親はのび太を優しく迎え入れます。

ドラえもんの感動作。
子供が見ても感動できる――というか、きっと、自分も祝福されて生まれてきたんだと感じられるアニメだと思いますが、大人になって、親になってから見るとまた違った見方と感動が得られる作品だと思います。



『ドラえもん ぼくの生まれた日』の主題歌が、小坂明子の歌う『キミに会いたくて』でした。
『ぼくの生まれた日』の内容にもよく合った、“泣ける”曲です。
自分が生まれた時も、親から待ち望んで生まれてきたのだろうかと、曲を聴きながらしんみりしてしまいました。


映画ドラえもん主題歌大全集(CD)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の38歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1096位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
166位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR