FC2ブログ

純……TVアニメ『魁!!クロマティ高校』オープニング:吉田拓郎





2003年10月から2004年3月にかけてテレビ東京系列で放送された『魁!!クロマティ高校』と、オープニングの『純』のご紹介です。
2000年から2006年にかけて『週刊少年マガジン』で掲載されていた野中英次の同名漫画です。


悪の巣窟として知られるクロマティ高校に、進学してしまった優等生の神山高志。
中学時代の親友を進学させるため引き算ができれば入学できるというクロマティ高校にともに受験したものの、親友が落ちてしまったために自分だけが入学することに。
……と、そのあたりのことがアニメの中では「そこは漫画で読んでね」という感じであっさりと流されてしまうシュールさもある意味魅力。
優等生の神山は中学時代から名を知られたワルたちが集まってくるクロマティ高校中ではヒエラルキーの最下層に位置していましたが、アホ揃いのワルたちの中で、いつしか中心に――独自のポジションに収まっていきます。
個性豊かな――中には明らかに人間じゃないのも含めつつ――ワルたちの笑い溢れる高校生活が描かれています。

何気ない出来事がな違った解釈から騒動がどんどん大きくなっていき、とんでもない騒動になっていきます。
いかつい顔で大真面目にギャグをするつもりなく、バカをやっているシニカル間笑いがテンポよく繰り出されるのが魅力のギャグアニメです。



『魁!!クロマティ高校』のオープニング曲が、吉田拓郎の歌う『純』でした。
人生の深みを感じさせられる、心に染み入る渋い曲です。
正直、野中英次の意図的に池上遼一に似せた絵柄のために、池上遼一の社会派漫画だと勘違いしたんじゃないかと思ってしまいました。
しかし、オープニング映像と妙にマッチしている不思議。


純 / 流星2003 / ホームラン・ブギ2003(CD)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の38歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
157位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR