FC2ブログ

Something That I Want……劇場映画『塔の上のラプンツェル』エンディング:Grace Potter(グレイス・ポッター)



2010年11月に全米公開された『塔の上のラプンツェル』と、エンディング曲の『Something That I Want』(サムシング・ザット・アイ・ウォント)のご紹介です。
ディズニーの50作目の長編作品で、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を下敷きにした3Dアニメーションです。

ラプンツェルという少女が暮らしているのは、王国の森の奥深くの高い塔。
彼女の髪は70フィート(21メートル)にもなる特別な力を秘めたものでした。
彼女は18年間、育ての親であるゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられ、監禁に近い状態にありました。
外の世界を知らず、外の世界に憧れるラプンツェルは、塔から遠くに見えるたくさんの灯りが何か知りたいと思っていました。
そんなラプンツェルが、城からティアラを盗み出し、森に逃げ込んだ大泥棒フリン・ライダーと出会うことで、物語は動き始めます。
フリンを叩きのめしたラプンツェルは、ティアラを返すのと引き換えに「灯り」が見える場所――街まで場所まで案内すること。
フリンはしぶしぶ街への案内を引き受けることになります。
生まれて初めて外の世界を知ったラプンツェルは、ゴーテルヘの後ろめたさを覚えつつも、初めて経験する世界に胸を躍らせます。
世間知らずなラプンツェルに振り回されながら、次第に打ち解けあっていきます。
その頃、ラプンツェルがいなくなったことに気付いたゴーテルも、捜索を始めていました。
そして、ラプンツェルの真実が明かされていきます。

CGfr描かれたキャラクターたちが生き生きと動き回る美しい映像美。
最新の技術を詰め込んでいながら、古き良きディズニーアニメの精神は踏襲していると感じた作品。
エンターテイメントの基本はハッピーエンドだよなぁ、と感じさせられる名作です。



『塔の上のラプンツェル』のエンディングで流れた曲が、Grace Potter(グレイス・ポッター)の歌う『Something That I Want』でした。
軽快なテンポの、気分の良い曲です。
「Something That I Want」を訳すと、「私が欲しいもの」「私が望むもの」そんな感じの意味でしょうか。
歌詞の意味は分からずとも、ハッピーエンドで終った物語の、これから続くであろうハッピーな物語を予感させられます。


Something That I Want - Grace Potter(iTunes)


「塔の上のラプンツェル」オリジナル・サウンドトラック(AmazonMP3)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の38歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
70位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR