Starry Heavens……GC用ゲーム『テイルズ オブ シンフォニア』主題歌:day after tomorrow



2003年8月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲーム『テイルズ オブ シンフォニア』と、主題歌の『Starry Heavens』のご紹介です。
『テイルズオブ』シリーズの本編タイトル第5作目となるこのゲームは、シリーズ作品で唯一ゲームキューブで発売されたタイトルとなりました。

『テイルズオブ』シリーズ第1作の『ファンタジア』と、世界観・時間軸を同じにした作品となっています。

4000年もの遥かな昔、邪悪な闇の種族ディザイアンが起こした戦争は、勇者ミトスが聖地カーラーンで女神マーテルと契約を結び、ディザイアンを封印することで集結しました。
舞台となる世界には2つの世界「シルヴァラント」と「テセアラ」が存在しており、この2つの世界は背中合わせのパラレルワールドとして存在しています。
その為、本来この世界を行き来することはできません。
2つの世界では互いに「マナ」と呼ばれる世界の力の源を共有しており、マナが一方に偏るようになると、一方では枯渇するようになってしまいます。
シルヴァラントでは現在マナが枯渇しかけており、封印されたはずのディザイアンが再び現れ、シルヴァラントを恐怖に陥れていました。
ディザイアンは拉致してきた人々を収容する「人間牧場」を各地に作り、人々を使役していました。
主人公ロイドは、神託の村イセリアの青年。
幼馴染のコレットに「神子」としての神託が下りたことを知ります。
世界再生の旅に出るコレット。
ロイドはディザイアンとトラブルを起こし、友人のジーニアスとともに故郷を追放されてしまいます。
コレットに追いついたロイドとジーニアスは、コレットたちとともに世界再生の旅に出ます。
世界各地の精霊を開放することが世界再生につながると信じていたコレットたちでしたが、世界再生の真実を知ることになります。



『テイルズ オブ シンフォニア』の主題歌が、day after tomorrowの『Starry Heavens』でした。
『Starry Heavens』はニンテンドーゲームキューブ用のオープニングで使用されており、2004年9月にPlayStation2に移植された際には同じday after tomorrowの『そして僕にできるコト』が使用されました。
どっちもいい曲だったと思いますが、自分がゲームキューブ版をプレイしたので『Starry Heavens』の方が印象に残っています。
曲は濁りのない爽やかな歌詞が印象的です。
ゲームのストーリー同様、純粋な気持ちを歌った良曲です。


Starry Heavens - day after tomorrow(iTunes)


Starry Heavens(AmazonMP3)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
75位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR