FC2ブログ

おじいさんへのおてがみ……TVアニメ『みかん絵日記』エンディング:TARAKO





1992年10月から1993年6月までTBS系列放送された『みかん絵日記』と、エンディングの『おじいさんへのおてがみ』のご紹介です。
原作は安孫子三和が『LaLa』に掲載していた日本の漫画です。


ひょんなことから小学5年生の草凪吐夢(くさなぎとむ)に拾われたオレンジ色の猫。
吐夢はその猫にみかんと名付けますが、実はみかんにはとんでもない秘密が……。
みかんは人間の言葉を理解するのみではなく、話すことも出来たのでした。
話すことが出来ることを人に知られ、化け猫扱いされた過去があったみかんは、そのことを秘密にしていましたが、酒好きという悪い癖があり、酔っ払って吐夢にばれてしまいます。
さらに吐夢の家族に、そのことがばれてしまいます。
あっさりとみかんを受け入れた草凪家の面々は、小学校の友人たちや、堅物の医師の稲垣先生らとともに、みかんたちが巻き起こす様々なもめごとに巻き込まれます。

猫なのに、喋ったり、お酒を飲んだり、ハーモニカを吹いたりと芸達者なみかんが巻き起こす――時には人間が巻き起こす事件にみかんが巻き込まれることも――基本ギャグテイストで描かれる物語。
ほのぼのした中に、ほろりとさせられる話も多くあり、人間にとっても猫たちにとっても、ささやかな日常の大切さを感じさせられます。
アニメのストーリーの途中でみかんは親になり、子育てに奮闘する話なども出てきます。
放送当時は小学生でしたが、大人になってから見た方が、良さがわかるアニメです。



『みかん絵日記』のエンディング曲は、みかんの声を演じたTARAKOの歌う『おじいさんへのおてがみ』でした。
吐夢の家に来る前に、亡くなった飼い主のおじいさんへの思いを綴った曲です。
今はとても幸せだけれど、あの頃のことを忘れてはいけない。
今がとても幸せだから、時々少し不安なる。
そんな心境にじーんとくる曲です。


おじいさんのおてがみ(CD)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の38歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
256位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR