バーニング・ブルー……TVアニメ『EAT-MAN'98』オープニング:MAGIC





1998年10月から12月にかけてテレビ東京系で放送された『EAT-MAN'98』と、そのオープニング曲、MAGICの『バーニング・ブルー』のご紹介です。


EAT-MANは吉富昭仁が『月刊電撃コミックガオ!』に1996年から2003年にかけて連載していた漫画で、これまで1997年と1998年にアニメ化されました。
1997年版でのアニメでは原作とは主人公と性格のかい離や、原作のクールさとはうって変わって時折規制を張り上げたりする演出がどうにも苦手でしたが、1998年版はほぼ原作に則ったストーリーと、クールかつ知的なキャラクターで描かれていました。

主人公のボルト・クランクは金属のみならず何でも食べてしまい、さらにそれを修復・再生して体外に出すことができるという特異能力者。
冒険屋として世界を旅しながら様々な依頼を受けて事件に巻き込まれながら、解決に導きます。
時として、悪辣な依頼者に犯罪の片棒を担がされそうになったり、表面しか見えない愚か者に巻き込まれたりもしますが、終わってみればボルトの考えはもっと深いところにあり、契約を何も違反していないのに、悪しき者たちには制裁が加えられたりする。
そんなボルトのキャラクターが魅力の作品です。



『EAT-MAN'98』のオープニングはMAGICの『バーニング・ブル―』という曲でした。
MAGICは1990年代に活動していたロカビリーバンドでした。
1999年の春に解散をしたため、この『バーニング・ブルー』が事実上最後の楽曲となりました。
ロカビリーに回帰したというこの曲は、なかなか熱い曲です。
アニメもクールなストーリーに見せつつ熱いものが根底に流れているような内容に感じましたので、このオープニングで始まるアニメは良質な組み合わせに思ったものでした。


バーニング・ブルー(CD)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
953位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
140位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR