聖闘士神話 〜ソルジャー・ドリーム〜……TVアニメ『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』オープニング: 影山ヒロノブ&BROADWAY



1986年10月から1989年4月までテレビ朝日系列で放送された『『聖闘士星矢』と、オープニングの『聖闘士神話 〜ソルジャー・ドリーム〜』のご紹介です。
原作は『週刊少年ジャンプ』に掲載されていた車田正美の同名漫画です。

『週刊少年ジャンプ』の黄金期のバトル漫画の一つです。
荒唐無稽なストーリーでありながら、エネルギーの塊のような原作を、オリジナルの要素(引き延ばしとも言う)を組み込みながらアニメ化しています。

ギリシャで修練を積む一人の少年・星矢。
88の星座を模した聖衣 ( クロス ) を手に入れ、女神アテネを護る聖闘士となるべく、修行に明け暮れる少年の目的は、単に聖闘士になるのみではありませんでした。
仮面をつけた女性の聖闘士・魔鈴の厳しい指導の末、肉体に眠る小宇宙(コスモ)を開放し、ついにペガサスのクロスを手に入れます。
日本に戻った星矢は、アジア最大のグラード財団が主催する 「 銀河戦争 ( ギャラクシーウォーズ ) 」という聖闘士を集めた格闘戦に参加することになります。
商品は12ある黄金聖衣(ゴールドクロス)の一つ、射手座のクロス。
トーナメント戦の最中、最後の参加者だったはずのフェニックスの一輝が、暗黒聖闘士(ブラックセイント)を引き連れて乱入し、ゴールドクロスを奪って逃走します。
暗黒聖闘士と一輝を撃破した星矢と仲間の聖闘士達には、現代に転生したアテナ――木戸沙織を護り、聖域(サンクチュアリ)を支配する教皇との戦いが待っていました。
白銀聖闘士(シルバーセイント)、黄金聖闘士との戦いを経て、星矢たちは教皇の真実に辿り着きます。

テレビアニメは全114話で、オリジナルストーリーを挟みつつポセイドン編で終了しています。
この先に興味があったら、映画版やOVAにて。
自分が子供の頃の思い出のアニメの一つです。
毎回毎回、主人公が命を削ってボロボロになりながら、それでもなお戦い続ける物語。
アニメだからといっても死なない主人公、壊れない主人公が当たり前の時代だったのだろうなぁと思います。

 

『聖闘士星矢』の2代目オープニング曲が、影山ヒロノブ&BROADWAYの歌う『聖闘士神話 〜ソルジャー・ドリーム〜』でした。
74話から最終話まで使用されました。
TVアニメの北欧神話編とポセイドン編の辺りです。
『聖闘士星矢』のオープニングというと、初代オープニングの『ペガサス幻想』がまず思い浮かぶかもしれませんが、個人的には『聖闘士神話 〜ソルジャー・ドリーム〜』の方が好きな曲でした。
どちらも、聖闘士星矢のオープニングらしい熱い曲でしたが。
歌声からコスモを感じる!


聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~ - 影山ヒロノブ&BROADWAY(iTunes)


聖闘士神話 ~ソルジャードリーム~ (聖闘士星矢)(AmazonMP3)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
313位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR