エルドラド……TVアニメ『モンタナ・ジョーンズ』エンディング:THE ALFEE



1994年4月から1995年4月にかけてNHK総合で放送された『モンタナ・ジョーンズ』と、エンディングの『エルドラド』のご紹介です。
日本とイタリアのスタジオが製作した国際共同作品でした。

日本での放送終了後、30か国で放送されたそうです。
主人公の名前モンタナ・ジョーンズがインディ・ジョーンズからもじっていることからも分かる通り、各国の歴史的遺産を舞台に、主人公モンタナが従兄のアルフレッド、新聞記者のメリッサとともに、世界中の歴史遺産を手に入れようとするゼロ卿と戦いを繰り広げる冒険アクション作品です。
世界の歴史的遺産を舞台に、各国の歴史・文化に自然と興味が沸いてくる良作です。
しかし、国際共同制作ということで著作権上の問題があったのか、作中で世界中の歴史的遺産を破壊しまくったせいか、DVD・Blu-ray化もされていない、消えた名作アニメの一つです。

時は1930年代のボストン。
主人公のモンタナは、愛機「ケティ」を駆り、航空貨物会社を経営していました。
何より冒険を愛するモンタナの相方は、従兄弟のアルフレッド。
アルフレッドは、ボストン自然博物館の考古学者をしていました。
アルフレッドの上司、ギルト博士は世界中の歴史遺産を手に入れるために暗躍するトレジャーハンター「ゼロ卿」一味から、歴史遺産を守るよう、モンタナに指示を出します。
モンタナたちの冒険に旅先で出会った外交官の一人娘で新聞記者という才女、メリッサも同行するようになり、ゼロ卿の憎めない配下たちや、老科学者のニトロ博士が作り出したメカローバーと、歴史遺産を巡る戦いが繰り広げられます。

登場人物たちは、ライオンやトラやネコなど動物にしたキャラクターになっており、どこかで見たような感じのキャラクターだなぁと思っていたら、イタリアの製作会社REVERは1984年の『名探偵ホームズ』を日本の東京ムービー新社とともに製作した会社でした。
わりとパターン化したギルト博士とモンタナのやり取りや、ゼロ卿の負け惜しみや失敗したニトロ博士のセリフなど、ある意味、そういうのを楽しみに、見ていた作品でもありました。
もう再放送もDVDも期待できない、もったいないアニメです。



『モンタナ・ジョーンズ』のエンディング曲が、THE ALFEEの歌う『エルドラド』でした。
THE ALFEEの42枚目のシングルで、『モンタナ・ジョーンズ』のオープニング曲の『冒険者たち』と同日に発売されました。
冒険心溢れるなオープニング曲の『冒険者たち』も、静かな哀愁漂う『エルドラド』もどちらも好きな曲でした。
エンディングの背景に描かれた世界の歴史遺産が写し出される映像が曲にもすごくマッチして、忘れられない曲の一つです。


エルドラド - THE ALFEE(iTunes)


エルドラド(Amazon MP3)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1915位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
290位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR