イノセント・ブルー……TVアニメ『School Days』オープニング:DeviceHigh



2007年7月から9月にかけて放送された『School Days』と、オープニングの『イノセント・ブルー』のご紹介です。
同名のアダルトゲームが原作となっており、衝撃的な最終話から伝説のアニメ扱いされているアニメです。


主人公の高校生・伊藤誠は、以前より桂言葉という女の子が気になっていました。
誠は、あるおまじないを試してみますが、幼馴染の西園寺世界の邪魔が入り、失敗してしまいます。
世界はお詫びとして言葉を誠に紹介し、誠と言葉は付き合うようになります。
誠は一見、真面目で心根の優しい少年ですが、その実極度の優柔不断で、無気力、面倒事を極端に避けたいという性格で、言葉との間にすれ違いが生まれ始めます。
世界は、以前より誠に好意を持っており、誠は、言葉との関係を清算しないまま世界とも関係を持ち、三角関係が始まります。
やがて、世界が妊娠をしたと誠に告げ、悲劇のラストに向けて突き進んでいきます。

昼ドラをそのまま学園アニメに持ち込んだ感じのアニメ。
魅力的な二人の女の子を前に、揺れ動く――と言えば聞こえはいいかも、ですが、実際には楽な方とその場の欲情に流されるだけの主人公。
こんな男、さっさと見切りをつければいいのに、と見ている方はもどかしく思いますが、そう割り切れないのも人間の性質。
最期のショッキングなシーンばかりがクローズアップされますが、そういったクズ男の心情と、女の陰惨さが上手く描かれていたように感じます。
好むか好まないか、受け入れられるか受け入れられないか、は受け手次第ですが。



『School Days』のオープニング曲が、DeviceHighの『イノセント・ブルー』でした。
曲調は軽快で、歌詞もいかにも青春の陽の部分と陰の部分を織り込んだ、良質のアニソンでした。
いかにも王道の学園アニメを思わせるオープニング映像(まぁ、さすがにR指定のゲーム原作だなと思わすようなカットもありましたが)と楽曲に、後半の荒んでいくアニメの内容とのギャップが大きく、空気の読めないオープニングなどと揶揄されることもありました。
そのギャップも含めて、製作側の狙いだったみたいですが、楽曲提供する方は冒険だったのではないかな、と思えます。


イノセント・ブルー - DeviceHigh(iTunes)


イノセント・ブルー(CD)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
313位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR