WALK THIS WAY……TVアニメ『EAT-MAN』エンディング:FIELDS





1997年1月から3月までテレビ東京で放送された『EAT-MAN』と、エンディングの『WARK THIS WAY』のご紹介です。
1996年から2003年まで『月刊電撃コミックガオ!』にて連載された吉富昭仁の漫画が原作です。
今回ご紹介する1997年版と、以前ご紹介した1998年版と、2回アニメ化がされた『EAT-MAN』ですが、原作のエピソードを比較的忠実に再現した1998年版に対して、1997年版はオリジナルストーリーで展開していきます。
主人公ボルト・クランクの声は1997年版も1998年版も同じ江原正士でしたが、イメージは全く異なり、そっけない中にも優しさが見える原作版や1998年のアニメと異なり、1997年版は時に狂気にも似た表情を見せることもある冷徹な完璧主義者、という感じでした。
金属などを食べて、それを再生することができる自称・冒険屋のボルト・クランクが国々を回りながら依頼をこなしていく物語。
そこに、沈まない難破飛空船「ラヴィオン」が関わっていきます。
原作とはだいぶんイメージの違う作品ですが、これはこれで見ごたえのあるアニメでした。



『EAT-MAN』のエンディングで使われたのが、FIELDSの歌う『WALK THIS WAY』でした。
シンプルに、「取り繕わなくろわなくても自分は自分でいいんじゃない」といった感じの歌詞で、哀愁漂う曲調が好きだった一曲です。
サビの部分が流れると、振り返らずにただ淡々と歩を進めるボルトの背中が浮かんでくるような気がします。


WALK THIS WAY(CD)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
鳥取県東部の田舎町在住の37歳。

この年齢になったせいか中高生の頃に聞いていたような古いアニメソングばかり聞いているような気がします。
若かりし頃、こんな曲もあったな――と古い記憶を呼び起こしながら書いております。
拙いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

最新記事
ブロとも一覧
カテゴリ
最新コメント
姉妹サイト
リンク


スポンサードリンク
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
144位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク


QRコード
QR